• はじめに
  • 会社概要
  • コンセプト
  • サービス
  • 代表プロフィール
  • どいちゃん塾
  • お問い合わせ
株式会社アグリビジネスサービス 〒106-0041
東京都港区麻布台3丁目4番11号
中央飯倉ビル4F・5F
TEL:03-3582-1930
 

2018年10月アーカイブ

 1.日時
平成30年9月26日(水)~28日(金)
  
2.場所

八丈町

3.主な支援内容
(1)次期八丈町農業施設整備等長期計画の策定に向けた座談会、現地調査及び打合せ

(2)座談会等の開催
  ①八丈島の農業振興についての意見交換会(八丈町農業振興青年研究会)
  ・日時:平成30年9月26日(水)18:00~
  ・場所:JA東京島しょ本店2階会議室
  ・参加者:八農振5名、関係者11名

 ②八丈島の農業振興についての意見交換会(JA東京島しょ八丈島女性部)
  ・日時:平成30年9月27日(木)13:30~
  ・場所:JA東京島しょ本店2階会議室
  ・参加者:女性部5名、関係者8名

 ③八丈町農業座談会(全島農業者)
  ・日時:平成30年9月27日(木)18:00~
  ・場所:八丈町商工会研修室
  ・参加者:農業者35名、関係者13名

(3)報告書の作成(12月中旬)

DSC08456.JPG

DSC08462.JPG

DSC08471.JPG

DSC01549.JPG




1.日時
平成30年9月16日(日)10:00~16:00

2.場所

青山・国際連合大学前広場

3.内容

(1)地域おこし協力隊のオススメ!全国46の市町村が大集合

(2)昨年度(平成29年度)実施した「地域おこし協力隊起業・事業化研修」(Aグループ担当)に参加した協力隊員が中心になって実行委員会を設立し参加された。

DSC01540.JPG


DSC01543.JPG

DSC01545.JPG


 1.日時
  平成30年9月13日(木) 15:00~17:30

2.場所
  JR南武線矢野口駅改札外集合(15:00)
  徒歩にて移動(約7分)

  15時15分:榎戸園到着 圃場案内(徒歩圏内の視察)
  16時~17時30分:地域自治会館にて質疑応答                  
  18時~懇親会場へ移動

3.内容
  耕地面積:畑:(梨)49a、(ぶどう)25a
  畑の内訳:露地65a、施設23a
  主要作物:梨(稲城32a、新高10a、その他7a)    
        ぶどう(高尾21a、シャインマスカット1a、その他3a)
  主な出荷先:99%直販(予約注文7割、来店3割)   
  労働力:通常期:本人、妻、父、母、手伝い2名 繁忙期:本人、妻、父、母、手伝い4名
      農閑期:本人、父

DSC01532.JPG

DSC01534.JPG

DSC01537.JPG


1.日時
平成30年9月11日(火)13:30~17:00

2.場所
東久留米市南沢 篠宮農園(篠宮 仁氏)

3.協議事項
(1)「研修目的」先見の明と行動力を持って新しいことにチャレンジし、ハウスを活用した経営の安定化を確立。この「篠宮農園における量販店出荷型の野菜生産を進める原動力と経営戦略(家業の承継)」を学ぶ。
2)「篠宮農園経営理念」都市農業の勝ち方を知るため、常に考えること。PDCAの実践。
3)質疑事項(全体質疑、生産管理について、経営戦略について)
4)ディスカッションの論点
①篠宮 仁氏の経営に取り組む基本姿勢を自己経営に活かせないか。
②地域社会(行政、農業団体、地域組織、民間企業、半径500mの共生等)及び若手農家との関わり方。
③労働力と人件費の考え方、援農ボランティアの課題と工夫。
(5)ディスカッションのまとめ(土居の所見)
①本事例の篠宮 仁氏は、就農後のミズナ周年栽培からハウス中心のスーパー出荷の野菜経営に転換し、試行錯誤を繰り返しながら、「こだわり3ヶ条」(品種、水、土作り)に基づき高品質野菜の生産確立に取り組み、既に大きな実績を上げている。そして、広く若手農家仲間と地域振興に取り組んでおられる。
②しかし、ここに至るまでに相当なるご苦労と試行錯誤があったと推測される。
③従って、自己経営への同じまね事は導入出来ないとしても、「活かすヒント」を探ることはできる。
「家業の運営」ではなく「家業の経営」に役立つヒントは得やすい。

4.参加者

受講生11名、東京都関係者10名、コーディネーター土居。

DSC01529.JPG

DSC01530.JPG


1.日時
平成30年8月18日(土)14時~8月19日(日)16時 1泊2日

2.会場
やねだん公民館 他

3.内容
①平成19年にスタートした故郷創世塾は23期で985人の塾生が現在までに誕生。
②今回のスーパー塾は、卒塾生ファミリーを対象とし「やねだんファミリー塾」を開催致します。
 塾生自らがスピーチ、すなわち講師役も務め、地域創生やボランティアなどに関するファミリーの理解度のレベルアップや、何時ものサポーター的存在の方々への「癒しのひと時」のプレゼント塾でもあります。
③卒塾後の人生観の変化・企画・実践・事業家・夢などを自ら語る機会となります。
 願いは「一(ひとつ)」それはレクチャーのできる人材育成に寄与することにある。

※ファミリーとは?
パートナー(夫婦や子供)・職域やグループの仲間・地域活動の友人・もちろん単身でも可。

4.報告
①先着15ファミリーの募集に対し、16名(卒塾生10名、ファミリー5名、講師1名が全国からやねだんに集合 (男11名、女5名)
②塾長の挨拶と今回の趣旨説明の後、全員が順次近況のプレゼンを行い、塾長が一人ずつコメントを行った。夜、憩いのステージで懇親会とピアノコンサート。
③2日目は、プレゼンの合間に、全員バスで「みなみ風ガーデン」で昼食。短時間であったが、各自強い感動を受けた様子であった。このフレンチレストランは、大隅半島の錦江湾岸を眺める丘の麓の南風農園の中に立地しており、東京のGINZA SIX店も出店している。
④最後に塾長のまとめの講話があり、次回の再会を誓って解散した。
 土居は常任講師として参加した。

DSC01506.JPG

DSC01508.JPG

DSC01512.JPG

DSC01527.JPG
みなみ風ガーデン、デザートハウス