• はじめに
  • 会社概要
  • コンセプト
  • サービス
  • 代表プロフィール
  • どいちゃん塾
  • お問い合わせ
株式会社アグリビジネスサービス 〒106-0041
東京都港区麻布台3丁目4番11号
中央飯倉ビル4F・5F
TEL:03-3582-1930
 

2019年2月アーカイブ

1.日時
平成31年2月4日(月)13:00~16:30

2.会場

都市センターホテル 3階「コスモスホールⅡ」ほか

3.内容

(1)表彰式
  ・豊重哲郎氏      (最優秀賞受賞者)
  ・小浜市阿納体験民宿組合(優秀賞受賞者)
  ・岡山県西粟倉村    (優秀賞受賞者)
  (団体表彰:19団体、地方自治体表彰:3自治体、個人表彰:2人、奨励賞:1人)

(2)受賞者による事例発表
  (最優秀賞、優秀賞)

(3)懇親会「コスモスホールⅠ」

IMG_6064.jpeg

IMG_6038.jpeg

1.日時
平成31年1月24日(木)~25日(金) 大阪会場

2.場所

大阪府立国際会議場(グランキューブ大阪)会議室1004~1007

3.2日目午後の研修内容(ビジネスモデル検討)
土居担当:Aグループ41名「アグリビジネス(食・農・6次産業化等)」

(1)13:30~15:00(講義)
  ①関係業界(アグリビジネス)の動向(時代認識と農政動向)の説明
  ②先進事例から起業・事業化のヒントを学ぶ
  ③収益構造等からビジネスモデルの事例研修

(2)15:15~16:30(グループワーク)
  9班に分かれ、ビジネスモデルを検討
  ①事業化に向けてのチェックリスト(ポイントの総点検)
  ②ビジネスモデル経営(マーケティング)戦略「演習用紙」
  ③企業・事業化するためのやることリスト「演習用紙」
   
(3)16:30~17:00(各班代表者によるビジネスモデルのプレゼン)

(4)17:00土居の総括
  (17:30からAB合同の閉講式)

平成30年度地域おこし協力隊第4回大阪会場①.JPG

平成30年度地域おこし協力隊第4回大阪会場②.JPG

1.日時
平成31年1月16日(水)~17日(木) 東京会場

2.場所

TKP田町カンファレンスセンターホール2B

3.2日目午後の研修内容(ビジネスモデル検討)
土居担当:Aグループ42名「アグリビジネス(食・農・6次産業化等)」

(1)13:30~15:00(講義)
  ①関係業界(アグリビジネス)の動向(時代認識と農政動向)の説明
  ②先進事例から起業・事業化のヒントを学ぶ
  ③収益構造等からビジネスモデルの事例研修

(2)15:15~16:30(グループワーク)
  9班に分かれ、ビジネスモデルを検討
  ①事業化に向けてのチェックリスト(ポイントの総点検)
  ②ビジネスモデル経営(マーケティング)戦略「演習用紙」
  ③企業・事業化するためのやることリスト「演習用紙」
   
(3)16:30~17:00(各班代表者によるビジネスモデルのプレゼン)

(4)17:00土居の総括
  (17:30からAB合同の閉講式)

平成30年度地域おこし協力隊第3回東京会場①.JPG

平成30年度地域おこし協力隊第3回東京会場②.JPG

平成31年初日の出

1.日時
平成31年1月1日(火)午前7時

2.場所 
自宅前、東側、相模川上空の雲間に昇る初日の出
自宅前、西側、初日の出に輝く圏央道、相模原インターチェンジ

3.一年の初めに 

①人生百年時代の到来、人生これからまだまだ続く。
②本年は、更に「今、ここ、自分」に徹して粛々と邁進する。を目標とする。

(事情により、本年は旧正月を過ぎてアップします。)

DSC01602.JPG

DSC01604.JPG
主な支援内容
(1)平成30年度 山村・離島振興施設整備事業 整備計画書(案)の報告会

(2)報告会等の開催
  ①整備計画書(案)についての説明と意見交換会(生産者部会部会長)
  ・日時:平成30年12月19日(水)18:00~
  ・場所:JA東京島しょ本店2階会議室
  ・参加者:部会長及び関係者11名

 ②JA事業主体の事業内容の聴き取り(JA東京島しょ担当者)
  ・日時:平成30年12月20日(木)10:30~
  ・場所:JA東京島しょ本店2階会議室
  ・参加者:JA及び関係者8名

 ③平成30年度 山村・離島振興施設整備事業 整備計画書(案)の報告(農業委員会)
  ・日時:平成30年12月20日(木)13:00~
  ・場所:八丈町議会 議場
  ・参加者:農業委員及び関係者20名

(3)報告書の作成(平成31年1月上旬に印刷手配予定)

DSC01599.JPG

DSC01597.JPG

DSC01598.JPG

DSC01600.JPG

やねだん 東京塾

『主催』(一財)地域活性化センター
平成30年度第10回新たな知と方法を生む土日集中セミナー

やねだん東京塾

1.日時
平成30年12月15日(土)~12月16日(日) 

2.場所
クロストランジェット日本橋 ヒースロー会場(中央区日本橋室町1-5-3 福島ビル5F)

3.内容
「心を動かすリーダーシップの秘訣」を学ぶ。

4.講師
豊重哲郎氏(柳谷自治公民館長、やねだん故郷創世塾塾長)
椎川 忍氏(一般財団法人地域活性化センター理事長、やねだん故郷創世塾常任講師)
関 静男氏(いすみ市土着菌完熟堆肥センター長、やねだん故郷創世塾21期生)
永井健太氏(足利市広報課シティプロモーション担当、やねだん故郷創世塾18期生)
土居龍一(㈱アグリビジネスサービス代表取締役、やねだん故郷創世塾常任講師)

5.報告
①北海道遠軽町をはじめ全国の市町村職員、社会福祉法人関係者等35名(女性15名)の塾生が全国から東京日本橋に集合。
②豊重塾長の2日間の講話に「涙と感動」を体感した。
③今回の35名の塾生が「本気と感動の人間像を目指して」各地域の活性化に取り組むことを期待

やねだん東京塾③.JPG

やねだん東京塾②.JPG

やねだん東京塾.JPG

1.日時
平成30年11月28日(水)~29日(木) 大阪会場

2.場所

TKP心斎橋駅前カンファレンスセンターホール11B

3.2日目午後の研修内容(ビジネスモデル検討)
土居担当:Aグループ40名「アグリビジネス(食・農・6次産業化等)」

(1)13:30~15:00(講義)
  ①関係業界(アグリビジネス)の動向(時代認識と農政動向)の説明
  ②先進事例から起業・事業化のヒントを学ぶ
  ③収益構造等からビジネスモデルの事例研修

(2)15:15~16:30(グループワーク)
  8班に分かれ、ビジネスモデルを検討
  ①事業化に向けてのチェックリスト(ポイントの総点検)
  ②ビジネスモデル経営(マーケティング)戦略「演習用紙」
  ③企業・事業化するためのやることリスト「演習用紙」
   
(3)16:30~17:00(各班代表者によるビジネスモデルのプレゼン)

(4)17:00土居の総括
  (17:30からAB合同の閉講式)

平成30年度地域おこし協力隊第2回大阪会場①.JPG

平成30年度地域おこし協力隊第2回大阪会場②.JPG
1.日時
平成30年11月27日(火)13:30~17:00

2.場所
青梅市木野下 福岡農園(福岡 広幸 氏)

3.協議事項
(1)「研修目的」
「情報収集に基づく斬新的思考で試行し続ける行動力と経営戦略(家業の承継)」を学ぶ。
2)「福岡氏が持つ3つの力」は、情報収集力、判断力、行動力である。特に、試行する際の根拠となる、常に新しい情報を収集する力(興味、関心)と正しい情報か否か、経営的に継続や撤退等躊躇することなく判断する力を持っていることである。この力を都市農業に活かせないか。
3)質疑事項(全体質疑、生産管理、加工事業、出荷・販売先について)
4)ディスカッションの論点
①福岡 広幸氏の経営に取り組む基本姿勢を自己経営に活かせないか。
等について、積極的なディスカッションが行われた。
②しかし、ここに至るまでに相当なるご苦労と試行錯誤があったと推測される。
③従って、自己経営への同じまね事は導入出来ないとしても、「活かすヒント」を探ることはできる。
「家業の運営」ではなく「家業の経営」に役立つヒントは得やすい。

4.参加者

受講生10名、東京都関係者10名、コーディネーター(株)流通研究所 有山公崇氏。(土居)

1.日時
平成30年11月14日(水)~15日(木) 東京会場

2.場所

TKP田町カンファレンスセンターホール2A

3.2日目午後の研修内容(ビジネスモデル検討)
土居担当:Aグループ37名「アグリビジネス(食・農・6次産業化等)」

(1)13:30~15:00(講義)
  ①関係業界(アグリビジネス)の動向(時代認識と農政動向)の説明
  ②先進事例から起業・事業化のヒントを学ぶ
  ③収益構造等からビジネスモデルの事例研修

(2)15:15~16:30(グループワーク)
  8班に分かれ、ビジネスモデルを検討
  ①事業化に向けてのチェックリスト(ポイントの総点検)
  ②ビジネスモデル経営(マーケティング)戦略「演習用紙」
  ③企業・事業化するためのやることリスト「演習用紙」
   
(3)16:30~17:00(各班代表者によるビジネスモデルのプレゼン)

(4)17:00土居の総括
  (17:30からAB合同の閉講式)

平成30年度地域おこし協力隊第1回東京会場①.JPG

平成30年度地域おこし協力隊第1回東京会場②.JPG

平成30年度地域おこし協力隊第1回東京会場③.JPG


1.日時
平成30年11月2日(金)~11月5日(月) 3泊4日

2.場所
鹿屋市串良町柳谷公民館 他

3.内容
①地域再生には、「良きコーディネーター」・「良きリーダー」が不可欠です。特に企画力・演出(アドリブ)力・財務力そして「人間力」養成は「一生の宝」であります。
やねだん合宿形式では超講師陣の「講義」、現場主義発想の実体験を行います。
②2007年(平成19年)11月に第1回を開催し、毎年5月と11月の年2回開催。これまでに卒塾生985人が誕生。全国各地で活躍しております。
③「やねだん(柳谷町内会)」は鹿児島県大隅半島に位置する鹿屋市串良町にあり、年間5,000人もの視察者が訪れる集落である。「行政に頼らない地域づくり」を旗印に、住民協働による地域づくりに取り組む人口300人の自治会(通称やねだん)である。

4.指導助言者
豊重哲郎氏(柳谷町内会長、故郷創世塾塾長)
椎川 忍氏(一般財団法人地域活性化センター理事長)
木村俊昭氏(東京農業大学教授)
森 吉弘氏(就職道「森」ゼミ代表、帝京大学総合教育センター講師)
金 デファン氏(ジェイズゴルフ&リゾート日本事業所常務理事)
岩切剛志氏(鹿児島県副知事)
梶原宏行氏(一期生)ほか塾卒生、地域住民も助言指導します。
土居龍一(㈱アグリビジネスサービス アグリビジネスプロデューサー、どいちゃん塾主宰)

5.報告
①北海道下川町はじめ全国の市町村職員、社会福祉法人関係者等47名(女性13名)の塾生が全国からやねだんに集合。
②やねだん創世塾10ヶ条を基本に汗と涙と感動を体感した。
③今回の47名の塾生が「本気と感動の人間像を目指して」各地域の活性化に取り組むことを期待!

DSC01556.JPG

DSC01571.JPG

DSC01576.JPG

DSC01584.JPG