• はじめに
  • 会社概要
  • コンセプト
  • サービス
  • 代表プロフィール
  • どいちゃん塾
  • お問い合わせ
株式会社アグリビジネスサービス 〒106-0041
東京都港区麻布台3丁目4番11号
中央飯倉ビル4F・5F
TEL:03-3582-1930
 

2020年1月アーカイブ

令和2年 初日の出

1.日時
令和2年1月1日(水)午前7時15分

2.場所 
自宅前、東側、相模川上空の雲間に昇る初日の出
自宅前、西側、初日の出に輝く圏央道、相模原インターチェンジ

3.一年の初めに 

①人生百年時代の到来、人生これからまだまだ続く。
②本年も、更に「今、ここ、自分」に徹して粛々と邁進する。を目標とする。

(事情により、写真の日付が間違っています。)

令和2年初日の出➁.JPG

令和2年初日の出➂.JPG


やねだん 東京塾

『主催』(一財)地域活性化センター
令和元年度第10回新たな知と方法を生む土日集中セミナー

やねだん東京塾~「やねだん」に学ぶ補欠のいない住民主体の地域づくり~

1.日時
令和元年12月14日(土)~12月16日(日) 

2.場所
地域活性化センター 大会議室

3.内容
「心を動かすリーダーシップの秘訣」を学ぶ。

4.講師
豊重哲郎氏(柳谷自治公民館長、やねだん故郷創世塾塾長)
椎川 忍氏(一般財団法人地域活性化センター理事長、やねだん故郷創世塾常任講師)
齋藤拓也氏(置賜広域行政事務組合企画財政係 やねだん故郷創世塾17期生)
永井健太氏(足利市映像のまち推進課主任、サッカースクールNPO法人グリシーナ足利理事、やねだん故郷創世塾18期生)
土居龍一(㈱アグリビジネスサービス代表取締役、やねだん故郷創世塾常任講師)

5.報告
① 北海道江別市をはじめ全国の市町村職員、社会福祉法人関係者等34名(女性8名)の塾生が全国から東京日本橋に集合。
② 豊重塾長の2日間の講話に「涙と感動」を体感した。
③ 今回の34名の塾生が「本気と感動の人間像を目指して」各地域の活性化に取り組むことを期待。

やねだん東京塾➂.JPG

やねだん東京塾④.JPG

やねだん東京塾➄.JPG


1.日時
令和元年10月28日(月)9:00~17:30

2.場所
群馬県明和町田島 農事組合法人 梨人(なしんちゅ)矢沢宏太氏 

群馬県館林市 節なり会 代表 永田 亮氏

3.協議事項
(1)「研修目的」
「農事組合法人 梨人(なしんちゅ)矢沢宏太氏」 

新規就農者(矢沢氏、元東京都職員・農業試験場研究員等)が経営を始めるには、障害が多いと言われる「梨づくり」に取り組んだ動機は何か。

・明和町は古くから(100年前)続く梨産地で、明和の梨(幸水、豊水、あきづき)の栽培に取り組むその魅力に何があるのか。明和の梨の出荷販売に優位性があるのか。(販売対策のノウハウを学ぶ。) 

・梨の「ジョイント栽培」はどのような栽培でどんな特徴があるのか。
「節なり会代表永田亮氏」

元都内のサラリーマンが、妻の地元に転居し「環境制御システムを取り入れたキュウリ農家」に転身した動機は何か。

・邑楽舘林地域のキュウリ栽培は、今後ともJAによる系統出荷としての優位性はあるのか。(販売対策)又、施設管理と収量確保のためにどの様なことを行っているのか。(栽培管理技術方法)

・プロファインダーの導入と活用、節なり会の活動内容について

(2)質疑事項(全体質疑、生産面、販売面について)

(3)ディスカッションの論点

① 2事例について、この実践方法を自己経営に活かせないか、等について積極的なディスカッションが行われた。
 自己経営への同じまね事は導入出来ないとしても、「活かすヒント」を探ることはできる。
「家業の運営」ではなく「家業の経営」に役立つヒントを探る議論を行なった。

4.参加者

受講生25名、東京都関係者6名、コーディネーター土居龍一

8期意欲群馬県下➁.jpg

8期意欲群馬県下➂.jpg

8期意欲群馬県下➄.jpg

8期意欲群馬県下⑦.jpg

8期意欲群馬県下⑧.jpg


1.日時
令和元年12月11日㈬13:30~16:45
 課題:TOKYO農業の新しい景色~担い手就農・普及・全力応援~

2.会場

立川市女性総合センターアイムホール

3.内容

(1)東京都報告①➁
  ・南多摩農業改良普及センター所長 村田 実氏 
  ・東京都農業振興課統括課長代理 中屋雄一郎氏
  
(2)事例発表
  ・東京都農業セミナーを受講して
  ➀三鷹市 冨澤 剛氏
  ②瑞穂町 近藤 剛氏
  ③町田市 宮崎政明氏
  ・JA東京みなみ就農者基礎講座について
  ④JA東京みなみ本店指導経済課長 渡辺賢志氏
  ・八丈町担い手研修センターの取組
  ➄八丈町産業観光課 浅沼今日子氏
   八丈町担い手研修センター第3期生 淺沼 壮氏
(3)質疑応答進行・まとめ
  ⑥土居龍一
  ⑦杉村 勝氏(東京都農業会議 地域振興コーディネーター)

普及フォーラム①.jpg

普及フォーラム➂.jpg

普及フォーラム④.jpg

普及フォーラム➁.jpg


1.日時
令和元年10月11日(金)~10月14日(月) 3泊4日

2.場所
鹿屋市串良町柳谷公民館 他

3.内容
① 地域再生には、「良きコーディネーター」・「良きリーダー」が不可欠です。特に企画力・演出(アドリブ)力・財務力そして「人間力」養成は「一生の宝」であります。
やねだん合宿形式では超講師陣・卒塾生の「講義」、現場主義発想の実体験を行います。
② 2007年(平成19年)11月に第1回を開催し、毎年5月と11月の年2催。これまでに卒塾生1,089人が誕生。全国各地で活躍しております。
 「やねだん(柳谷町内会)」は鹿児島県大隅半島に位置する鹿屋市串良町にあり、年間5,000人もの視察者が訪れる集落である。「行政に頼らない地域づくり」を旗印に、住民協働による地域づくりに取り組む人口300人の自治会(通称やねだん)である。

4.記念講話
池上 彰氏(ジャーナリスト)「台風19号の影響により羽田空港閉鎖になり来塾出来ず」

5.指導助言者
豊重哲郎氏(柳谷町内会長、故郷創世塾塾長)
キム デファン氏(ジェイズゴルフ&リゾート日本事業所常務理事)
岩切剛志氏(鹿児島県副知事)
木場一昭氏(一期生・錦江町長)ほか塾卒生(山田一久氏上村ひさみ氏他)、地域住民も助言指導します。
土居龍一(㈱アグリビジネスサービス アグリビジネスプロデューサー、どいちゃん塾主宰)

5.報告
① 富山県庁はじめ全国の市町村職員、社会福祉法人関係者等45名(女性11名)の塾生が全国からやねだんに集合。
② やねだん創世塾10ヶ条を基本に汗と涙と感動を体感した。
③ 今回の45名の塾生が「本気と感動の人間像を目指して」各地域の活性化に取り組むことを期待!


第26回やねだん故郷創世塾①.JPG


第26回やねだん故郷創世塾➁.JPG

やねだん故郷創世塾④.JPG


1.日時
令和元年7月30日(火)13:15~17:00

2.場所
(地独)東京都立産業技術研究センター 多摩テクノプラザ3F パソコン教室

3.協議事項
(1)講義、実習

儲けの仕組みを理解する 土居龍一

都市農業における経営診断のポイントと実習、改善計画作成 佐藤 卓氏(中小企業診士)

2)個別経営分析実習、改善計画                                  

 4.参加者

受講生10名、東京都関係者10名、コーディネーター佐藤、土居。